[先端医学研究所公開セミナー] 免疫特権部位での感染防御機構

<演者> 遺伝子制御学部門 田中 信之 先生
<日時> 2017.2.23(木)15:00~16:00
<場所> 武蔵小杉病院 C館1F 会議室
<要旨> 中枢神経、感覚器、生殖器などは全身の免疫系から 隔絶されており、免疫特権(immune privilege)を 有する組織である。これらの組織には血液関門が存在 して免疫細胞の通過を阻止しており、これによって 広範な免疫反応による組織の損傷を抑えている。 中枢神経系では胎生期に卵黄嚢マクロファージが移動 して、脳組織でミクログリアとして常在し、脳内の感 染や損傷をパトロールしていることが知られているが その他の組織ではあまり解析は進んでいない。我々は この免疫特権部位での感染防御機構や疾患との関わり を解析しており、それらの結果を紹介する。