理事長あいさつ

理事長あいさつ

 学校法人日本医科大学は、日本医科大学、日本獣医生命科学大学、看護専門学校の三つの学校を設置し、日本医科大学には東京都、神奈川県、千葉県内に四つの大学病院、三つのクリニック、健診医療センターを置き、また、日本獣医生命科学大学には動物医療センターを置いて、学校運営と病院運営を柱として、教育、研究、医療の分野において社会貢献に努めております。

 創立140年を超える日本医科大学は、1876年に長谷川泰により創設された済生学舎が源流であり、私立医科大学では最も長い歴史を持つ大学であります。「済生救民」を建学の精神とし、「克己殉公」を学是として「我が身を捨てて、広く人々のために尽くす」というスピリットが脈々と受け継がれ、これまで多くの臨床医、医学研究者、医政従事者を輩出するとともに、大学病院として高度先進医療、救命救急医療、地域医療に力を注いでまいりました。
 また、看護教育は、1921年に始まり、時代の変遷の中で看護学校の伝統が一本化され、現在の看護専門学校へと引き継がれ、豊かな人間性と専門職業人としての責任感を備えた看護師を目指して育成してまいりました。

 1881年に私立獣医学校として開設され、創立135年を超える日本獣医生命科学大学は、1952年に本法人と合併し、学是に「敬譲相和」、教育理念に「愛と科学の心を有する質の高い獣医師と専門職及び研究者の育成」を掲げ、謙譲・協調し、慈愛と人倫を育む科学者を育成することを心に戒め、獣医学、生命科学の分野において有能な人材を輩出するとともに、獣医学、生命科学の分野の発展に努めてまいりました。

 東京都文京区にある千駄木は、日本医科大学発祥の地であり、現在も本拠地として医科大学、付属病院を始め経営の基盤がここにあります。本法人では「アクションプラン21~千駄木地区再開発計画~」を遂行し、これまでに日本医科大学医学部(教育棟)、基礎医学大学院棟、日本医科大学健診医療センターが竣工いたしました。そして、付属病院の建て替えに伴う新病院の前期工事が完了し、最終段階である後期工事も順調に進み、2018年1月にグランドオープンを迎えるに至りました。新病院のコンセプトは「医療の効率化と安全性の追求」です。どのような患者さんが来院されても即座に最良の診断・治療を開始することができる体制を整え、患者さんを中心に考えた運営を行ってまいります。

 本法人は、これからも教育、研究、医療機関として、国際社会に対応できる有為な医師、獣医師、看護師、生命科学の未来を担う若者を養成し、高度・最先端の医療、獣医療の提供を通じて、また、医学、獣医学、生命科学における幅広い研究により、人類と動物の健康や福祉の向上に貢献してまいります。