公益通報・相談窓口

公益通報・相談窓口について

 公益通報者保護法に基づき、学校法人日本医科大学における公益通報者を保護するとともに、法令の遵守を図るため、学内に公益通報・相談窓口を設けています。

 

公益通報とは

 労働者が、労務提供先の組織や役職員等により、犯罪行為等の刑罰につながる法令違反行為が行われ、又はまさに行われようとしている旨を、不正の目的でなく、通報することをいいます。

   ※不正の利益を得る目的、他者に損害を加える目的その他虚偽、誹謗中傷などの不正の目的の通報及び相

    禁止されています。

 

公益通報・相談窓口の利用者

 本学の職員(非常勤、パートタイマー等を含みます)、本学の業務に従事する派遣労働者及び取引業者の従業員からの通報及び相談を受け付けます。

 なお、本学の学生、退職者等からの通報については、上記の職員等からの通報等に準じて取り扱います。

 

通報・相談の方法

① 文書、FAX、電子メール、電話又は面談のいずれかの方法で行ってください。

② 通報に際しては、氏名、所属及び連絡先を明らかにし、犯罪行為等の刑罰につながる法令違反行為があると信ず

   るに足りる相当の理由、又は当該行為があると思料する理由を示してください。(匿名の場合、事実関係の調査が

   十分できない可能性があります。)

   ⇒・公益通報・相談シート[PDF形式] [Excel形式]

 

通報・相談への対応

① 通報等を受けた内容について、調査の必要があると認めた場合には、通報内容等に関係のない役職員により事実

   関係を調査します。そして、犯罪行為等が明らかになったときは、是正措置や再発防止策を講じます。

② 通報者が希望する場合は、通報への対応状況や調査の結果、是正措置等の内容をお知らせします。(匿名の通報

   の場合はお知らせすることができません。)

 

通報者・相談者の保護

① 通報者及び相談者は、正当な通報又は相談をしたことを理由として、解雇、降格、減給、派遣契約の解除その他

   のいかなる不利益も受けません。(万一、不利益な取扱いを受けたときは、申し出てください。)

  ただし、不正の利益を得る目的、他者に損害を加える目的その他虚偽、誹謗中傷などの不正の目的で通報又は相

   談をした場合は、就業規則等により処分されることがあります。

② 公益通報・相談窓口の職員や調査に携わった役職員は、通報者等の個人を特定する情報を秘匿します。

 

学内規程等

 本学における公益通報の取扱いについて、詳しくは下記の規程等をご覧ください。

  ⇒・学校法人日本医科大学公益通報の保護等に関する規程

  ⇒・公益通報者保護法

  ⇒・公益通報者保護制度ウェブサイト(消費者庁)

 

公益通報・相談窓口

 学校法人日本医科大学 監査室内 公益通報・相談窓口

 〒113-8602 東京都文京区千駄木1-1-5

 電話:03-3823-5282

  FAX:03-3823-5282

  E-mail:koueki@nms.ac.jp

 

    ※ただし、公益通報・相談のうち、研究活動に係る不正行為(論文等の捏造、改ざん、盗用及び研究費の不

             正使用・不正受給)に関する通報・相談の窓口は次のとおりとなっています。監査室内の公益通報・相

     窓口でこれらの通報又は相談を受けたときは、次の窓口に引き継ぎます。

             (⇒・日本医科大学事務局研究推進課内 不正行為告発窓口)

             ⇒・日本獣医生命科学大学事務部大学院課内 不正行為告発窓口)