診療内容

血液透析療法

当院では外来通院にて通常透析の他、高齢の方をはじめ、糖尿病や長期透析による合併症を併発された患者様に対し、特殊血液透析療法も積極的に導入しております。各々の患者様に適した透析時間・透析液・透析療法を選択し、患者様の安心・安全に心懸け適切な処方透析を目指しています。
 

・血液透析

 腎臓の働きが低下し、腎不全となった腎臓の代わりをしてくれる治療のひとつに血液透析という方法があります。血液透析はダイアライザーと呼ばれるろ過フィルターに血液を通して濾過過する方法です。患者さんのシャント(腕の動脈と静脈をつないだもの)血管に針を刺し、ポンプで体の外に血液を取り出します。血液をダイアライザーの中に通し、きれいにしてまた体の中に戻します。それを一回約3~4時間週3回行います。
患者様が治療しながらでも、その方らしい日常生活を送って頂けるような外来維持透析を目標としています。

 
・HDF(血液ろ過透析)

 当クリニックの透析液は、日本透析医学会学術委員会による「透析液水質基準」を準拠しており補充用透析液はもとより透析液もエンドトキシン検出感度以下、細菌数も検出されないウルトラピュアの透析液を使用し、on-line HDFを行っており、患者様の症状によってはoff-line HDFも可能です

 期待できる治療効果
  β2MG蓄積による透析アミロイド症の予防
  レストレス症候群
  低血圧による透析困難症

 

腹膜透析

  当院では血液透析だけではなく、腹膜透析を併用して治療を行っています。腹膜透析は、血液透析で使用するダイアライザーという人工膜の代わりに自分の体の中にある腹膜(腸などの臓器を覆っている薄い膜)を使います。透析液を一定時間お腹にためておくと血液の中から老廃物や余分な水分が腹膜を通って移動してくるので、それを体の外に取り出して血液をきれいにします。

 

特殊浄化療法

アフェレーシス

 付属病院外来において薬物療法のみでは効果が十分期待できない下記の難治性疾患の患者様を対象に、当院では外来アフェレーシス治療を積極的に実施しております。随時、治療の受け入れも行っていますので、電話・メールにてお問い合わせください。

 主な適応疾患と治療

   ◯潰瘍性大腸炎・関節リウマチ  に対して白血球除去療法(LCAP)  

   ◯潰瘍性大腸炎・クローン病   に対して顆粒球除去療法(GCAP)

     ◯家族性高コレステロール血症・閉塞性動脈硬化症    に対してLDLアフェレーシス療法